株式会社 エム シー ワー

お知らせ

2020年

6月

30日

抗ウイルス・除菌・防カビ剤販売開始

守護神&カビ守護神による防カビ・除菌

・ウイルス対策のご提案

高温多湿の我が国では、近年高気密化住宅の普及によって、一年を通じてカビが発生するようになり、カビによる健康被害が問題視されています。

さらに、

・新型コロナウイルス・新型インフルエンザ、

これから夏に向けて・ノロウイルス・レジオネラ感染・食中毒など、私たちの生活は常に微生物や細菌による危機にさらされています。
また、環境問題が大きな課題となっている今日、畜産施設・工場・介護施設など
あらゆる場所で様々な臭いに対する消臭対策も必要不可欠となってきました

これらの微生物災害・消臭対策として「守護神」と「カビ守護神」の活用をご提案致します。

2020年

4月

24日

綺麗になりました!

日光や雨に耐えて汚れが目立った外装木材を、液体ガラスで再生することができました。

 

少々面倒な工程ですが、これで汚れや水を弾き木の膨張収縮に追従する液体ガラスが、木を長~く守ってくれます。

2020年

4月

06日

道南杉 追加オーダ頂きました。

昨年末に続いて、道南杉の追加オーダ頂きました。

ありがとうございます。

 

職人さんが、丁寧に下地作りから対応しています。

2020年

1月

21日

杉外壁用羽目板施工

 

新築の事務所外壁に木を使いたい。

お客様の要望に答えるため、受注された建築業者様より液体ガラス施工のお話を頂きました。

冬期間の施工は大変ですが、暖房を入れた室内での作業場所を確保頂き感謝です。

2020年

1月

20日

「建築家さんが立てた遮熱の家」

もう少しで完成です。

久野浩志建設設計事務所様とは、昨年5月にお話をさせて頂き、遮熱材の最も効率的な構造に関し何度かお話をさせて頂きました。

遮熱材の特性をご説明しただけですが、プロの建築家さんですから、直ぐに理解吸収しオリジナルで最適な構造を図面に落とし込みました。

特徴は、外断熱+空気層+遮熱材+気密etcです。

遮熱構造も大変勉強になりましたが、驚くのは日差しの取り方や空気の流れを利用した省エネ性とその構造です。

2階の床は宙に浮いている様な構造です。

更に完成後は、屋根にウユニ塩湖の様に水を溜めることが出来、空を水面に移し出す仕掛けになっています。

この様な建築物に遮熱材を採用頂き、本当に感謝です。

2020年

1月

15日

遮熱材床施工無事終了!

巨大な施設へ遮熱材を施工!

 

朝日が昇るその位置に巨大な建物が、この位置からでも目視で確認できます。

氷が張った岸壁にそびえる建物の中で遮熱材施工を行いました。

1月6日、仕事始めとなった遮熱材施工は、5人で5日間のボリュウムです。

手際の良い職人さんたちの協力により工事は順調に進み、予定通り無事完了しました。

今回の施工でも色々な事を学ばせて頂きました。

お世話になった関係各位の方々に、深く深く感謝です。

ありがとうございました。

2020年

1月

05日

謹賀新年

🐭 謹んで初春のお慶びを申し上げます 🐭

 

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、

誠にありがとうございました。

昨年は法人化初年度で、まだまだ勉強が足りないと

痛感した年でした。

本年は、より一層努力し皆様にご満足頂ける結果を

お届けできるよう、心がける所存でございます。

何卒、本年も昨年同様のご支援をよろしくお願い致します。

尚、弊社は1月6日~11日厚岸にて遮熱工事があり、通常営業は114日~となります。 

 

                              2020年 元旦 エムシーワールド/棟方

2019年

12月

23日

ベンチと格闘

テーブルとベンチの木材21本の修復が完了しました。

設置から20年が経過し、木材表面は柔らかく、割れが多くありましたが、一皮むいてからエアー鉋で細部の汚れを落とし、割れた部分は弊社オリジナルの液体ガラスパテで埋めてから液体ガラスで仕上げ、生まれ変わりました。

これから厳しい冬の凍結融解を乗り越え、春には皆さんに使って頂けることを楽しみにしています。

2019年

11月

25日

道南杉44本との格闘

雪が降り気温が下がった11月中旬、ハウスの中で道南杉44本の下地処理作業を行っていました。

この材料は2階部分のデッキに使用されるもので、長さ3.6m幅120㎜厚さ30mmあるので、結構な重さがあります。

木と液体ガラスの密着が良くなる様に、1枚づつサンドペーパーを掛けていきます。

気温が低いと塗装の品質が保てないため、液体ガラスの塗装は暖房のある室内に移動して3回塗ります。

つまり、①下地処理研磨+②下塗り+③研磨+④中塗り+⑤研磨+⑥上塗り+開梱と梱包×44本=少なくとも300回以上木材を移動させたことになります。

そんな地道な作業の繰り返しなので、完成した時には解放感と共にやり切った感が込み上げてきます。

道南杉達よ、液体ガラスが守るから、雨や雪や太陽に負けないで頑張るんだぞ!

2019年

10月

30日

ビジネスEXPO2019無事終了!

お陰様で、今年も沢山のお客様に足を運んで頂き 感謝です。

この場をお借りして御礼申し上げます。

少ない人員のため、説明できなかったお客様には、大変申し訳ありませんでした。ご説明にお伺いしますので、ご遠慮なく連絡頂ければ幸いです。

2019年

10月

16日

屋外ステージ木部再生施工

専修寺北海道別院 様

 屋外の庭に面したステージと塀に、エアー鉋と液体ガラスによる木部再生施工をさせて頂きました。

10年以上風雪に耐えた木材は、腐朽菌による劣化が進行しており一部にきのこが生えている状態でした。専修寺様ではこのステージを作られる際に、長さ6mの国産木材が手に入らない等ご苦労があったと聞いております。

その思い入れのある木材を長く使って頂きたく、エアー鉋で表面の汚れや腐朽菌を除去し、無機質の液体ガラスを塗らせて頂きました。

木の呼吸を妨げずに水の浸透を防ぐ液体ガラスにより、

長く現役で使用できるステージに生まれ変わりました。

2019年

10月

10日

はやきた子ども園様 液体ガラス施工

ご報告が遅れました。

早来大町の認定こども園「はやきた子ども園」様では、昨年の北海道胆振東部地震で遊具が散乱したり園庭のウッドデッキが壊れたりするなどの被害が出ましたが、発生わずか2日後に再開し子供たちのケアに当たられたそうです。

 

自宅が被害に遭った保育士も多い中、園や園長のフェイスブックを使って助けを求めたところ、投稿が保育士の仲間のネットワークでシェアされて拡散。札幌や苫小牧など道内各地から「力になりたい」と願う保育士約30人が集まったそうです。

その、はやきた子ども園様より、地震で壊れてしまったウッドデッキを作り直す際に、液体ガラスを施工したいとのご連絡が有りました。

お天気にも恵まれ、無事4日間で施工終わりました。

屋外で思いっきり自由に遊ぶ子供たちは、とても好奇心旺盛です。

「おじさん、なにしているの?」「ここをきれいにしているの?」など、質問攻めにあいましたが、とても心が癒された4日間でした。

2019年

7月

24日

ものづくりテクノフェア 盛況のうちに終える!

7月25日開催、「北洋銀行ものづくりテクノフェア2019」では、ご多忙の折、弊社ブースに足を運んで頂き誠にありがとうございます。

おかげさまで、大変多くのお客が「液体ガラス」や「エアーカンナ」に関心を持たれ、とても活況がある状態で1日を無事終えることができました。

来場いただいたお客様、運営して頂いた北洋銀行様、頑張ってくれたスタッフには、とても感謝しており、心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

 

2019年

6月

19日

サウナから4カ月ぶりに生還!

市内の温泉施設にご協力頂き、木の傷みが激しいサウナ室に液体ガラスを塗った木を置かせて頂きました。

熱源近くで100℃以上の温度にさらされ、週に3回水をかけられながら4か月間が過ぎました。

木を直接背中に接触させて、火傷の心配がない事も自身で確認しました。

液体ガラスで武装した木は、水の浸水を防ぎ、割れも反りも発生していませんでした。

2019年

5月

30日

国産材活用による地方創生トップセミナーin札幌

5月29日、サンプラザで行われた、国産木材を都市の中で活用する

セミナーに参加しました。

国産木材の活用は、脱炭素社会の機運と国の政策による後押しで、徐々に

活用の幅が広まっています。

       更なる国産木材の活用を推し進めている、専門家の方の話を伺いました。

       中でも、国内の木造建築物の多くは3階まででしたが、新たな技術と規制

       緩和により6階建ての中規模建築物が実用化されています。

       世界では既に85mの18階建て高層木造建築物が完成し、24階建てが

       工事中であるなど、知らない世界がそこにはありました。       

北海道で木材に液体ガラスを施工したいと
お考えなら

温もりが感じられる木材は、家づくりに使用する素材として人気があります。できることなら、長く綺麗な状態を保ちたいと考える方におすすめなのが、液体ガラスの施工です。

北海道にあるエムシーワールドでは、ガラスが持つ耐候・防水・防炎などの特性を木材に持たせる液体ガラスの販売施工を行っています。屋内外問わず施工でき、水洗いで汚れや臭いを取ることが可能ですので、手軽にメンテナンスが行えます。木材に液体ガラスを施工したいとお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

北海道で液体ガラスに関することならエムシーワールド

サイト名 M.C.World エムシーワールド
TEL 0123-29-5429
FAX 050-3383-2795
Email info@mcworld.jp
URL https://www.mcworld.jp/