屋外ステージ木部再生施工

専修寺北海道別院 様

 屋外の庭に面したステージと塀に、エアー鉋と液体ガラスによる木部再生施工をさせて頂きました。

10年以上風雪に耐えた木材は、腐朽菌による劣化が進行しており一部にきのこが生えている状態でした。専修寺様ではこのステージを作られる際に、長さ6mの国産木材が手に入らない等ご苦労があったと聞いております。

その思い入れのある木材を長く使って頂きたく、エアー鉋で表面の汚れや腐朽菌を除去し、無機質の液体ガラスを塗らせて頂きました。

木の呼吸を妨げずに水の浸透を防ぐ液体ガラスにより、

長く現役で使用できるステージに生まれ変わりました。